• トップ

妊娠の情報について

知っておきたい妊娠の初期症状

妊娠の初期に現れる代表的な症状

妊娠がわかった女性が知りたい情報に、初期症状があります。まず予定の生理日より前に、少量の出血が現れる場合があります。食欲が落ちて吐き気を感じたり、腰痛が起きるケースもあります。そして多くの人が、おりものが変化すると感じています。最も多い妊娠初期の症状が、胃の辺りの腹痛と下腹の痛みです。頭痛がしたり、イライラしたりする女性もいます。その他、トイレに行く回数が増える場合と、逆に便秘を起こすケースがあります。このような妊娠初期症状には個人差がありますが、性交のあった日から、7日から10日後に現れます。知っておきたい情報として、排卵は生理の予定日から計算しておよそ2週間前におきます。このタイミングで精子と受精した場合、受精卵ができます。そして約1週間後に卵管を通って移動した受精卵が子宮に届きます。ここで子宮内膜に着床して初めて妊娠が確定します。初期症状はそれ以降に現れます。また不快な初期症状は、受精卵が着床した後に分泌されるホルモンが原因です。妊娠によって、プロゲステロンとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が増えるために生じます。出産や育児の応援サイトでも、こうした情報を得ることができます。

妊娠の基本情報

新着情報

↑PAGE TOP