• トップ /
  • 妊娠中のホルモンバランスの変化

妊娠とホルモンバランス

妊娠中のホルモンバランスの変化

妊娠中は体の声を聞くことが大切

女性が妊娠することでホルモンバランスが変化し、それによって体に様々な症状が現れるため不安にならないためにも亜程度情報を知っておくことが大切です。ホルモンバランスの変化は大きく3段階に分かれることができ、1番始めの変化は妊娠初期に起こります。この時期は体が出産に向けて急激な変化を始め、つわりという症状がでてきます。人によっては便秘や頻尿、マタニティブルーといった気分的な不調が生じる場合もあるため、症状を改善させる自分にあった情報を手に入れましょう。妊娠も安定期に入ってくるとホルモンバランスも落ち着いてきますが、お腹が大きくなってくる分肩こりや腰痛といった症状に多くの女性が悩まされています。マタニティヨガなどの情報を取り入れ、気分転換も兼ねて症状の改善に努めましょう。妊娠から産後にかけてもホルモンの変化が起こります。特に産後は女性ホルモンが一気に下降し、慣れない育児疲れから産後うつといった症状になる場合もあるので、周りの人の力を上手に利用することも大切です。このように妊娠中から産後にかけて女性の体は様々な症状が起こります。少し辛いと感じたときは、無理せずに体の声に耳を傾け休息をとるようにしましょう。

妊娠の基本情報

↑PAGE TOP